【新型コロナウイルス感染症に関する取り組み】

日頃より、弊法人の活動に御理解を賜りありがとうございます。

非常事態宣言の全国発令に至る新型コロナウイルスの影響は、終わりの見えない不安な気持ちを増幅させています。

感染予防と感染拡大防止のためには、できるだけ外出を控え、人と人との接触機会を7~8割減らすこと、いわゆる三密を避ける行動を取ることが強く要請されているところです。

一方、弊法人が取り組ませて頂いている子育て支援事業(学童保育、子育て支援センター、小規模保育園)は、基本的に触れ合う環境の元、心身の安定と成長を育む活動になります。

また、様々な状況で利用を必要とされる御家庭にとって生活基盤として不可欠な存在であることも強く実感しております。
刻々と変わる情勢の中、感染リスクと社会的ニーズとの狭間に立ち、弊法人は次の通り対応をいたします。

1.感染予防に最大限の努力を続けながら、社会的使命のもと業務の遂行に尽力します。

2.状況に応じて、関係各位にも協力の要請をおこないます。

3.さらなる深刻化がおきた場合、不測の事態が発生した場合は速やかに情報開示し、緊急閉鎖を含めた更なる感染拡大防止策をおこないます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関する取り組み