秋休みにそらいろクラブで収穫したからいもで「いきなり団子」作りをしました。

5月に護川小学校がからいもを植える畑の横に、

学童のからいもの苗を一緒に植えさせていただきました。

植えつけにはクラブのおじいちゃんがお手伝いに来てくれました。

収穫までの管理はほとんどがボタンティにの方にお願いすることになったのですが、

途中に何回か育ち具合を見に行き、夏休みにはまだまだちいちゃい「からいも」を蒸かして食べました。

収穫は小学校の1・2年生が収穫をするときに指導員が一緒に参加しました。

大きいのがいっぱい収穫できたよ

土が硬くて子どもたちは一生懸命掘ったり引っ張ったり、汗だくになるくらい夢中で掘り続け・・・

大きいからいもを「ボクがもってかえる・・・」と山積みにしていたり、

袋に持てないくらい詰めて、「もてない・・・どうしよう~」とあせっていたり・・・

ほんの少しのからいもで満足していたり・・・こどもの表情はどの子も満足感いっぱい(#^.^#)

自分たちで植えて、収穫したからいもはとっても美味しそうに見えるのでしょうね。

さて、そらいろクラブでのいきなり団子作り♪

秋休みに千寿会(杉水の老人会)の方に今回もお世話になりました。

午前中から準備に来ていただいて芋を洗って、切って、面取りをして・・・

やっぱりめんどうでもキチンと面取りをすることが大切なんですね(^^♪

面取りはこどもたちもお手伝いをしてくれました。

一緒にお弁当を食べて午後からいきなり団子作りです。

班ごとにから芋の上にアンをのせて小麦粉で作った生地でくるみます。

護川小のこどもたちは授業の一環で経験があるので手際のいいこと(#^.^#)!!

上級生が1年生に「コゲンシタホウガイイバイ・・」と教えるている様子もありました。

そして・・・アンが生地からはみ出ることなく、から芋とアンをくるんでいます。

ちょっと不格好なものもありましたがこどもたちの一生懸命さが伝わってきます。

約200個の団子が出来上がりました。

蒸すのは千寿会の方にお任せしたのですが、

いきなり団子をおやつに食べて、お家の方にお土産もできて、みんなお腹も心も大満足したようです。

今度は何をつくろうかなぁ・・・

※写真は今度載せますね

※12月14日(水) 13時下校だったので、芋のてんぷらを作りましたよ。